×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

翻訳で学ぶ経済学

翻訳で学ぶ経済学

このエントリーをはてなブックマークに追加 

安い利用料金で受けている翻訳会社

「納得するものではなかった」というのは、具体的にはどのような点だったのでしょうか。英文の質ですか? 投稿論文がアクセプトされなかったという事ですか? 利用料金ですか?

 

高い質のものをお求めでしたら、利用料金もそれなりに高くなりますし、妥当な納期を設定してあげる事も大事です。

安い利用料金で受けている翻訳会社は、駆け出しの翻訳者を使っていたり、チェックが甘かったり(訳抜けだけしかチェックしてないとか)、ネイティブチェックをプロ(医学分野の英語に精通したネイティブという事です)に頼んでいなかったり、どこかしらで質が落ちるものです。あまりに短納期ですとトップクラスの翻訳者が確保できずに新人に回されてしまう場合もあります。

 

以上の点をクリアされていましたか?

 

また、医学専門の翻訳会社もたくさんありますが、論文に強い会社製百薬の長関係ビジネス文書に強い会社、治験分野に強い会社などいろいろあります。

 

どのような文書の翻訳でお困りだったのか、お困りの点は何だったのか、できれば補足をお願いいたします。

 

あなたは翻訳者になりたいのでしょうか、それとも翻訳会社につとめたいのでしょうか。
このふたつは、似ているようでまったくちがいます。

 

典型に翻訳者はフリーランスです。
いくつかの翻訳会社にエントリーして、庶務をまわしてもらって翻訳します。

 

翻訳会社につとめている人は会社などからの翻訳依頼を受けて翻訳者にまわしそれをチェックします。
それには、翻訳者以上の実力が要するとなります。

 

翻訳会社への就業を夢しているのですが、どういう人間が採用されるのでしょうか?
一応、募集要項の方をいくつか見てみたのですが、TOEICや英検の資格が申し出されていました。

 

現代、側面を満たすだけの資格はもっていないのですが、
仮に資格をもっていたとしても、採用されるとも限らないような気がしてきました。

 

現代私はフリーターで、英語が少々読めるというのと、通信教育で翻訳の基礎的な知識偏重のをした事がある、程度です。

 

それで、何とか翻訳会社の方に就業できないかとTOEICの知識偏重のしているのですが、やはり、同じ資格をもっている人間でも、きちんと会社勤めのし事のある人間や、いろんな業種に身をおいて何かの専門既知のを持っているような人間を採用するのではないか、そんな気がしてなりません。

 

そうなったら、無理をしてTOEICなどの資格を取る定義もないような気がしたりして、いまいち、知識偏重のに身が入りません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 
 
 

ホーム RSS購読